• WING CLUB
  • WING CLUB
  • WING CLUB
  • WING CLUB
ウイング・クラブは日本で唯一の本格的、完成品飛行機・艦船模型の専門店です。
東京青山骨董通りのミュージアムショップでは常時150機以上のモデルを展示、販売しています。
MUSEUM

MUSEUM
MODEL
ミュージアム

ミュージアムにディスプレイされるハイクオリティのモデルです。1/18スケールで作られるモデルは、その機種の特長を良く現しています。コクピット(キャノピー可動)内はメーター・パネルやスイッチ、ノブ等がリアルに再現さ れています。
全てのモデルが精密なエンジン付きで、多くのモデルがカウリングやガン・パネルも可動します。塗装剥がれなどウェザリングを表現しているモデルもあります。
●主尾翼胴体FRP、レジン、金属、アクリル、塗装済完成品

DESKTOP

DESKTOP
MODEL
デスクトップ

ハンドメイドのデスクトップ・モデルは全てがスクラッチ・ビルドでワンオフ・モデルです。弊社で全ての図面を作り色指定をしますので、お客様の特別な御注文にも対応しています。モデルのキャノピーはアクリルで雰囲気のあるコクピット内が再現がされています。
●主尾翼胴体は木製とレジンを使用、金属、アクリル、木製スタンド付、塗装済完成品。

NAVY

NAVY COLLECTORS
MODEL
ネイビー

図面を基にしてハンドメイドで製作されたモデルです。戦艦、空母、客船等に細い板を合せた木製甲板や、金属やエッチングを使用した手すりやアンテナなど、細部パーツの繊細かつリアルな表現をしています。シリーズには1/72、1/144、1/200、1/350スケールがあります。
●船体木製、レジン、アルミ、金属、エッチング、専用台座付、 完成塗装済品。

CHARACTOR

CHARACTOR
MODEL
キャラクター

デスクトップモデルやネイビーコレクター同様に、ハンドメイドで製作するモデルです。漫画や映画などで活躍した飛行機、潜水艦等を、弊社で図面を描きおこして製作しました。「紅の豚」をはじめ数種類のモデルがありますが、すべて原作者の公認モデルです。
●木製及びレジン、金属、プラスティック、アクリル等、専用スタンド付、塗装済完成品。

新着モデル情報

デスクトップモデル 1/32 マイルズ・マスターMk.Ⅲ

298_ext_01_0.jpg

WWⅡ中に英空軍で使用された高等練習機(“モス”系は初等練習機)。量産型Mk.Ⅰは液冷のR.R.ケストレルエンジンでしたが、これは他の機種優先となったため、Mk.Ⅲは空冷P&Wツインワスプジュニアエンジンを搭載しました。後...

デスクトップモデル 1/24 デ・ハビランドDH82タイガーモス

297_ext_01_0.jpg

イギリスの、いや世界的に有名な複葉機。今でも数多くの機体が現役です。タイガーモスといえば思い出されるのが、往年のフランス映画「冒険者たち」。思いがけぬハプニングで凱旋門の下を潜り抜けられなかったものの、軽やかな飛行シーンが脳裏に刻まれています。(記憶では...

デスクトップモデル 1/72 イリューシンIL-18

296_ext_01_0.jpg

50年代中期に開発されたソ連製旅客機。爆撃機からの改造などが多いソ連製旅客機の中では珍しく、最初から純粋な旅客機として開発されました。ターボプロップエンジン4発、3-2の横5列の客席の機体は経済的で、離着陸性能も良く、東側の各国で使われました。モデルは東...

デスクトップモデル 1/32 FIAT CR.42 ファルコ

295_ext_01_0.jpg

イタリア最後の複葉戦闘機でWWⅡにも参戦。胴体は溶接鋼管骨組みに羽布張り、翼間支柱はW字型の特徴あるトラス構造で運動性能は良好でした。後にDB601エンジンを搭載したB型(1機試作)は最大速度520km/hを記録し、世界最速の複葉機となったそうです。

デスクトップモデル 1/32 ウエストランド・プテロダクティルMkⅤ

292_ext_01_0.jpg

1920年代初頭から無尾翼機を研究していたジェフリー・ヒル教授。Mk.Ⅰに始まり、このMk.Ⅴに至ります。しかも風雲急を告げる欧州という時代で、なんと後方に銃座付き。確かに射界は広い。この一葉半形式を踏襲して発展させたのが「ウエストランド・ダヴ」。なんと...

デスクトップモデル 1/32 Focke=Achgelis Fa61

291_ext_01_0.jpg

1936年初飛行の、ドイツが作った世界初の実用ヘリコプター。フォッケウルフ社製ですが、フォッケ博士とともに開発に携わったアハゲリス技師に敬意を表してフォッケ・アハゲリスとしました。機首の空冷星形エンジンに2枚ペラ、ちょっと小さくないか?と思えば推進用では...

デスクトップモデル 1/32 飛燕Ⅰ型

290_ext_01_0.jpg

川崎重工の飛燕Ⅱ型復元以来、模型界では飛燕がちょっとしたブームの様ですが(?)、タイミング良くウイング・クラブにも久々の飛燕です。塗装は244戦隊の「イ」、板垣軍曹の機体です。お客様の中に、ご自分のお名前の頭文字で「オ」を付けた方がいらっしゃいますが、そ...

デスクトップモデル 1/48 ユンカースJu86

289_ext_01_0.jpg

自動車エンジンでは、電池や水素を除けば、燃費を含めて考えるとHVよりもディーゼルの方が環境にローインパクトだとか。そんなECOからではありませんが、このJu86も排気タービン過給器付ディーゼルエンジン(もちろんユモ)。軍用型はWWⅡ初期に高高度爆撃・偵察...

デスクトップモデル 1/24 SPADⅦ

288_ext_01_0.jpg

WWⅠで活躍した戦闘機のひとつ、スパッドのⅦです。F・バラッカの機体ですが、写真はあえて左側面を。イタリア⇒跳ね馬⇒フェラーリ⇒F-104という関係が良くわかる機体です。(詳しくは店頭で)

デスクトップモデル 1/32 彗星12型

287_ext_01_0.jpg

昭和15年に空技廠が開発した高性能の艦上爆撃機でしたが、急降下するには強度不足で、ひとまず二式艦上偵察機として採用。必要な改修を行って昭和18年末に制式採用されたのが「彗星」でした。陸軍の「飛燕」同様に液冷エンジンの不調による稼働率の低さに悩まされ、後に...

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得