矢野雅幸ブログ 2018/5

2018/05/29 ヒコー少年回想録18-1972年 運命の10分間

人生はチョットした事で変わる1972年の話しです。

大学卒業後に福岡から東京に出て来た時は、東銀座のデザイン・スタジオに勤めていましたが、仕事が忙しくて朝から終電車まで働いていました。その頃は東武練馬に住んでいて乗換駅の池袋駅しか知らず、5ヶ月間仕事ばかりで東京を探索する暇も有りませんでした。8月末に知らない人から電話があり、その内容はCBSソニーのデザイナーの入社試験を受けてくれないかという事でした。

僕はその電話の人に、CBSソニーの下請けの会社ではないかと失礼な質問をしましたが、その電話の人はレコード会社のCBSソニーで、レコード・ジャケット専門のデザイナーが数人いると説明されました。何故、僕に電話したのか聞いたところ、6月に受けたソニー・クリェイテブ・プロダクツの試験を受けた時の課長から紹介されたの事でした。試験会場の住所を聞き試験を受けますと言ってから電話を切りました。

9月中旬に僕は試験場のある品川に行きましたが試験場が見つからなくて1時間遅れで試験場を見つけ。会場のドアを開けた途端に終了のベルが鳴り沢山の人達がドアに向かって来ました。その人達を掻き分けて中に入って行きました。

黒板の側に試験官と思われる人が居たので、事情を説明して大学時代の作品のスクラップ・ブックを見ている間の10分間だけ貰いました。その時の試験はアンディ・ウィリアムスのレコード・ジャケットのデザインでした。相当な人数が試験場に居たので諦めていましたが後日、合格通知が電報(当時は普通の事でした)で来ました。 初出社の当日も不慣れな六本木で迷い遅刻してデザイン室に行きました。そこには見覚えのある人が居てその人はデザイン室の山口室長で僕に10分間くれた人でした。その人が10分間くれなかったらティン・トイもニュー・ヨークも車もギターも、全て買ったり行ったり出来なかったと思います。後に出会った人々も違っていて、人生を違う形で歩んでいたかも知れませんので今でも山口室長に感謝しています。

当時のCBS SONYデザイン室はまるで大学のデザイン学科の様な場所でした。好きな音楽のレコード・ジャケット・デザインで給料が貰えるのです。しかも仕事中に音楽を聴くのは当たり前でバンドを組むのも普通の事で、全ての音楽に関して寛容でした。友人になった一人のデザイナーが持っていたティン・トイから国内の色々な場所に行ったり初めての海外旅行でニュー・ヨークまで行くとは思いませんでした。僕の人生のターニング・ポイントは10分間で決まりました。

2018/05/27 ヒコー少年回想録18-1976年ニューヨークの出来事-2

1976年のニューヨークでの体験談。

その当時の東京では、余ほど特殊な地域に居ない限り経験しない様な事がマンハッタンでは日常的に起きていた様です。

ブロードウェイ11丁目に在ったスピーク・イージー・アンティクスに頻繁にティン・トイを買いに行っていて、オーナーのボブとリタとは仲良くなりました。ある日、お店に行った時にディナーに誘われましたが、お店が終わるまでには3時間ぐらい有ったので近くの映画館に行きました。そこでは西部劇を上映していて、室内は暗かったのですが椅子に座り映画を観ていたのですが、何人かの客がスクリーンの前を歩いていましたが、一人の客が僕の隣に座りました。席は殆ど空いているのに変だなと思いながら映画を観ていたら、隣に座った人が僕の太ももを触って来ました。最初は何か勘違いしているのではと思いましたが、ハッと!気が付いて映画館を急いで出たのは言うまでもありません。後で、ボブとリタに聞いたら笑いながら、その映画館はその手の人が相手を探すので有名な所だよと言ってました。

その当時は、昼間にワシントン広場で座っていると、チープ・スモーク(マリファナの事)要らないかと言って来る怪しげな人が必ず居ましたし、42丁目の辺りには何時もトランプ4枚を使って賭けさす危ない連中が居ました(今でも変わって無いのかなあ~?)。どちらにしてもスリリングなニューヨークでした。

2018/05/27 ヒコー少年回想録17-1976年ニューヨークの出来事

1976年9月から半年間NYのレキシントン・アベニューの56丁目に間借りしていました。到着して3日目にホテルの部屋に置いてあったカメラとラテカセ(ラジオ、テレビ、カセットが一緒になっている)食事に行った間に神隠しに遭ってしまいました。それから3日後、ジョン・レノンのバック・バンド(サム・タイム・イン・ニユーヨーク・シティのアルバムでのバック・バンド)エレファンツ・メモリーが、その当時パンクで有名だったライブ・ハウスCBGBに出演をビレッジ・ボイス(今でも発刊されているのかな?)で見つけて、夜9時ごろCBGBに出かけていきました。道路の向かいにCBGBを見つけ、道路を渡ろうとして左を見ると一台の車が来ましたが、突然ドアが開いて女性が飛び出してきてアスファルトの上を数回まわりながら止まりました(その車は猛スピードで走り去りました)。後ろを走っていたバンがすぐ止まり黒人のドライバーが降りてきて、その女性を歩道に抱きかかえて座らせてケガが無いか聞いているようでした(子供が倒れていても無視する、ど

こかの国とは大違い!!)まるで映画を観ている様な感じで、35年前の事なのに今でも鮮明に憶えています。ニューヨークでの半年間は映画のような事が何度もありましたが、その話はまたの機会に!

ブログ最新記事

<< 2018年5月 >>

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
 
矢野雅幸(やの まさゆき)
大学卒業後、CBSソニーレコード(当時)に入社。27歳で独立、フリーのデザイナーとして「ビタミンスタジオ」を設立。数多くのアーティストのレコード、CDジャケットのデザインを手懸けている。その後東京 南青山の骨董通りにデスクトップ/ミュージアムモデル専門店「ウイング クラブ」をオープン。この種のモデルの国内における認知を高めると共に、独自のジャンルとして定着させた。