MIG-3 1/18

2016/04/24

237_ext_01_0_L.jpg

201604242359_2.jpg













201604242359_3.jpg













201604242359_4.jpg
1940年、ソ連に待望の新型戦闘機MIG-3が誕生しました。液冷エンジンを搭載したロングノーズで、操縦席以後を絞り込んだファストバックのスタイルは、イタリア機のようにも見えますが、れっきとしたソ連製。ミコヤン・グレビッチ設計局開発です。公称の性能は、 1,350馬力で最大速度640km(高度7,800m)。ほぼ同時期の飛燕(1,100馬力、592 km)をしのぐものがありました。また12.7㎜×1、7.62㎜×2の武装を機首に集中させてあり、口径以上の破壊力を発揮したようです。モデルは<GOLD WING SERIES>で1機だけ木製で特別に製作されました。