デスクトップモデル 1/24 ブレゲー19

2017/01/29

282_ext_01_0_L.jpg
1次大戦後のフランスの爆撃機。一葉半、楕円断面形状の胴体はジュラルミン管のフレームで胴体前半部はジュラルミン板、後部は羽布張り、翼は羽布張りの設計で高速を誇り、数々の記録を打ち立てました。モデルは1930年にデュドネ・コストとモーリス・ベロントが搭乗した『ポワン・タンテロガシオン(疑問符)号』で、パリ⇒ニューヨークの大西洋逆横断飛行に成功した機体です。