デスクトップモデル 1/32 フェアリー・ソードフィッシュ

2017/08/22

316_ext_01_0_L.jpg

雷撃機を世界で最初に実戦に投入したのはイギリスで、第一次大戦中の1915年、ショート184によるトルコ艦撃沈がそれです。そんな自信があるせいかFAAは、1934年初飛行のソードフィッシュを第二次大戦になっても使い続けます(後継機が…)。しかし、オープンコクピットで複葉機、低速ながらもソードフィッシュは打たれ強く、ヨレヨレになりながら闘い続け、イタリア艦隊に重大な損害を与えたタラント空襲、ビスマルク追撃戦などで勇名を馳せたのでした。