デスクトップモデル Mcdonnell XF-85 Goblin ゴブリン 1/32

2018/06/07

348_ext_01_0_L.jpg

親亀・子亀 もしくは 寄らば大樹

航続距離の長い爆撃機をいかに護衛するか。一つの答えとして、ツェッペリンの飛行船の時代から、合体ロボットの最近まで分離する親子飛行機(パラサイト・ファイター)が構想され、様々な機体が開発されてきました。親亀:巨人爆撃機B-36 子亀:戦闘機XF-85ゴブリンもその一つです。

怪鳥とタマゴ風飛行機の組み合わせは、姿を比べるだけでもユーモラスです。

モデルでは、6枚の尾翼と主翼端の垂直安定板、ビア樽のような胴体を再現しています。折畳みブランコのようなフックに留められた状態でのディスプレイが可能です。

母機に抱かれて翼を休めるゴブリン。発進シーケンスへのイメージが膨らみます。L=14cm,  WS=20cm