矢野雅幸ブログ

ヒコー少年回想録24-1976,1977 ニューヨーク~北原さんの家へ

投稿日時:2019/01/12(土) 21:17

今回は1976、1977年の話しです。

ニューヨークに行ってからは、日本では経験しないような事が、ニューヨークでは普通のように起きていました。
デザインの勉強(スクール・オブ・ビジュアル・アーツの夜間部に通っていた)とティン・トイ、ライブ・ハウス、ロック・コンサート、映画、デザイン関係の資料になりそうな本とかが沢山あり、日本で見た事の無い物ばかりで、毎日、何かしらの発見があり刺激的な毎日でした。
10月の昼過ぎにダウン・タウンに向かっていた、僕の乗っていたバスが交差点の真中で、急にバスのボディを何かで叩く音がしたと思ったら、明らかに麻薬中毒ぽい白人の男が金属の棒でバスのボディを叩きながら平然と歩いて行きました。
バスの乗客はパニックになって、出口のドアに殺到してドアを叩いてました。バスは近くの交差点の角に止まって乗客は前の入り口から降ろされましたが、運転席のガラスは叩き割られていて運転出来る状態で無いのは直ぐに分りました。バスに乗ると時々窓ガラスに小さな穴が空いている時がありましたが、その穴はバスに向けて発砲された穴だと現地の人から聞きました。
時々、黒人の子供達がバスの後ろのバンパーに乗って無賃乗車をしているのは見ましたし、映画館に行ってスクリーンを観ていると決ってマリファナの臭いがするのが日常の出来事でしたし、ロック・コンサートに行くと、決まって隣の席の人からマリファナや何やら分らない錠剤(LSD?)が回ってくるのが普通でした。
当時のニューヨークでは映画みたいな事が何度もありましたし、経験しました。
僕は時々、5番街52丁目のCBSレコード部門のアート・ディレクターのエド・リー氏(アース・ウインド・アンド・フアィアー、ワイルド・チェリー、カンザス、ミート・ローフ等のデザイン)に会いに行って、彼のデザインしたレコード・ジャケットを見せて貰ったり、撮影に同行したりしました。フリー・レコード・ジャケット・デザイナーを紹介して貰ったのは、日本に帰って来てからデザインの参考になりましたし、NYで刺激を受けて沢山のレコード・ジャケット用にラフ・スケッチを描いたものは、帰国後、そのラフ・スケッチで10年間はレコード・ジャケットのデザインに生かせました。
12月にニューヨークからハート・フォードのトイ・フェスに行った時に、ニューヨークのトイ・フェスでも会ったサンフランシスコの人がいて、その人から日本に帰る時にサンフランシスコ寄って、自分の家に泊まってサンフランシスコのティン・トイのお店を見てからロサンゼルスに行って、それから日本に帰ったら如何かと言われ、サンフランシスコに寄る事にしました。
アメリカから帰国して、最初の2日間は渋谷の東武ホテルに泊まり、マンションを探すつもりでいましたが、翌日に北原照久さんに御土産とニューヨークの話しをする為に連絡したところ、ホテルを出て僕の所に泊まりなよと言われ、直ぐに荷物をまとめてホテルを出て山手線に乗り、北原スポーツ店に向かいました。北原さんの働いている北原スポーツ店は東京駅から歩いて4分位の所にあり、北原さんに久し振りに会い、御土産のティン・トイを渡して自分用のティン・トイを見せたり、ニューヨークの話や写真を見せました。夜は北原さんのマンションに行って、久し振りに旬子さんの手料理を食べて、ニューヨークの事で話が咲きました。
その日から北原さん宅に泊めてもらいましたが、北原さんは朝から仕事に行って、僕は住む所を探して昼間は下北沢、東北沢、梅ヶ丘、参宮橋等の小田急線沿いの不動産屋を回って部屋を見せて貰っていましたが、気にいる部屋は直ぐには見つからず北原さん宅に居候していました。北原さんが仕事から帰って来て、一緒に食事を食べてからデザートの時に、ニューヨークのティン・トイのお店の事や、ニューヨークでの生活の事や、郊外のトイ・フェスの事や毎晩話は尽きませんでした。
まるで千夜一夜のようでしたが、その頃は青山学院側に在るボートハウスが話題に上り、いつも北原さんが将来お店を開いて並んでいるお客に整理券を配るのは楽しいだろうねと言って皆で笑うのが常でした。
毎夜、食事の後のデザート時にティン・トイやニューヨークでの生活と経験した事を話して盛り上がっていて楽しい日々でしたが、ある夜に浜圭介さんが訪ねてきて、その後で浜さんの奥様の奥村チヨさんが訪ねて来て5人で色々な話で花が咲き、夜遅くなったので浜さん夫婦は北原さん宅に泊まりました。
僕は北原さん宅では居心地が良く、気が付くと1ヶ月以上も北原さん宅に長居していてマズイと思い、北原さんに参宮橋のマンションが気に入ったので入居する事にしたと言ったところ、以外な返事が返ってきました。
北原さんにその事を言ったら「もう出て行くの?」と言われました。なんとも面倒見のいい親分肌の人に感じましたし、その時に感じたのは北原さんは将来何か大きい事をやると思いましたが、それがトイズ・クラブ、クリスマス・トイズや色々な場所でのトイ・ミュージアム、鑑定団等の、今の活躍を予感させるような北原照久さんでした。

<< 2019年6月 >>

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
 
矢野雅幸(やの まさゆき)
大学卒業後、CBSソニーレコード(当時)に入社。27歳で独立、フリーのデザイナーとして「ビタミンスタジオ」を設立。数多くのアーティストのレコード、CDジャケットのデザインを手懸けている。その後東京 南青山の骨董通りにデスクトップ/ミュージアムモデル専門店「ウイング クラブ」をオープン。この種のモデルの国内における認知を高めると共に、独自のジャンルとして定着させた。