矢野雅幸ブログ

ヒコー少年回想録26-60年代の話です

投稿日時:2019/10/26(土) 22:24

60年代の話です。小学6年の時に、其れまでに住んでいた都会から父の実家の観音寺市に移転して中学に入学しましたが、最初に感じたのは自然はあるがプラモデル屋が一軒しかなくて、後は文房具屋にプラモデルが少数置いているだけで不満でした。音楽も中学2年生の頃から、旧いラジオで「9500万人のポピュラーリクエスト」のポップスやロックを聴いていました。
 高校生の時は、リバプール・サウンドやマージー・ビートのイギリスの良い曲が多かったと思います。そんな中でもアメリカン・ロックのクリデンス・クリアウォター・リバイバル(CCR)やグランドフアンク・レイルロード(GFR)は聴いていました。数年前モンキーズの一人が亡くなりましたが、こうして伝説になるのですね!
 今でも、ビートルズは聴いていますが、デビューした中学の2年生の時から聴いていました。ビートルズは3年目ぐらいまで彼ら流のアレンジをして他人の曲を歌っていましたが、その中にオリジナルの素晴らしいバラードとロックンロールを作曲をして演奏しています。今、聴いても全然古臭く無く時代を超越していたのが良く分かります。僕がビートルズでベスト・アルバムを選ぶとしたら、初の全曲オリジナルの「ア・ハード・デイズ・ナイト」でしょう。このアルバムは同名の映画のサウンド・トラックで、田舎に住む矢野少年は2年も遅れて上映されたビートルズの「ア・ハード・デイズ・ナイト」を初日に期待ワクワクで観に行きましたが、映画館内には殆ど観客は居なくて、映画が終わって照明が点いた時に分かったのは、前方の席に座っていた僕の兄!!と館内には20人位しか居ませんでした。当時の田舎には、新しい音楽と文化は理解されていませんでしたが、仕方ないと思っていました。
 田舎でジミ・ヘンドリックスやクリームを聴いていたら犯罪者(これは、冗談ですが、田舎で変わった事をすると目立つ所でした)と言われる60年代でした。僕が高校生の時に組んでいたバンドではドラムだったので、父親から面と向かって不良呼ばわりされましたが、僕は内心父の世代にロックが分かってたまるかと思っていました! 余談ですが、大学に入学して福岡市に行って、やっとプラモデルと音楽にも満足状況になりましたし、1968年に貝塚の九州大学の建築中ビルに墜落したF−4E(?)ファントムに、土方のアルバイトで行った時にジェット・エンジンと機体に触る事が出来ましたし、外板の一部も手に入れました!

<< 2020年4月 >>

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
 
矢野雅幸(やの まさゆき)
大学卒業後、CBSソニーレコード(当時)に入社。27歳で独立、フリーのデザイナーとして「ビタミンスタジオ」を設立。数多くのアーティストのレコード、CDジャケットのデザインを手懸けている。その後東京 南青山の骨董通りにデスクトップ/ミュージアムモデル専門店「ウイング クラブ」をオープン。この種のモデルの国内における認知を高めると共に、独自のジャンルとして定着させた。