矢野雅幸ブログ

2020/06/22 ヒコー少年回想録31-最初と最後に作ったプラモデルの話

僕の飛行機プラモデル歴で、最初に作ったモデルと最後に作ったモデルの話しです。

小学3年の時に北海道の滝川に住んでいた頃に、友達の家で見た少年クラブの広告でプラモデルを知りましたが、その当時はプラモデルと言う名称では無かったと思います。その頃は木製のソリッド・モデル全盛の時で、プラモデルは模型屋に行っても箱やビニール袋に入った木製の大体にカットした物で、それらを削って組み立てて色を塗る様なキットしか有りませんでしたし、プラモデルは滝川市には売って無くて広告の中でしか見た事のない物でした。

父親が兵庫県の伊丹市に転勤した時に友達になった家で、プラモデルのマルサンの零戦52型(1/35)を初めて見ましたが、それは今まで見ていた木製モデルとは全然違い、プラスティックで成形されていてキャノピーは透明で、胴体と主尾翼にリベットがあり、デカール(その当時はスライドマークと書いていた)と、全体の作りにカルチャーショックを受けたのを今でも覚えています。

小学5年の時に街中に移転したのでバス通学になりましたが、バス停の前と阪急電車の駅横に売店があり、そこに新聞や雑誌の横に数点の三共のピーナツシリーズ(1/150)が置いてあり、毎日通学の時に見ていましたが、如何しても1機欲しくなり必死でお小遣いを30円を貯めて、いつも通学の帰りにその売店に寄り道をしてピーナツシリーズで97艦攻が一番大きそうだったので、その売店で買いました。このピーナツシリーズの97艦攻が僕のプラモ歴の第一号目になりました。

伊丹市に住んでいる時に、正月が2回あったのでお年玉を貰う度に梅田の阪急デパートで最初の正月はマルサンの飛燕(1/50*¥250)を買いました。次の正月はマルサンの疾風(1/50*¥280)を買いましたが、玩具売り場の横に在ったプラモデル売り場は大人達で混んでいました。その隙間のガラスケースに張り付いて見えたのは、モノグラムのB−26でしたが、外国製のプラモデルを見たのは初めてで箱絵も日本製より迫力があり気に入りましたが、小学生の買える値段ではなかったです。

小学6年の時に京都府の宇治市に移転しましたが、プラモデルはマルサンの1/100シリーズを作る様になりました。

中学1年の時に実家の香川県観音寺市に帰って来ましたが、今までに住んだ所と違ってプラモデルは日本製しか無い町でした。

それでも高校生になってから、自転車を手に入れてからは他の町や市に行ってプラモデル屋を探して見つけました。高校の時は外国製のモノグラムやレベルを作れる様になりましたが、当時の日本製と決定的に違っていたのは、キャノピーの透明度とデカールの質の良さでした。

大学生になって福岡県に行ってからは、大学の近くの香椎に住みましたが福岡市内に模型専門店を見つけて、その店に通っていました。大学の時はプラモデルは時々買っていましたが、資料がないと作れなくなり4年間で作ったのは6機でした。最後に作ったモデルはレベルのMe262A1a(1/72)でした。ウイング・クラブの店を始めてからミュージアム・モデル(1/18)の最初の入荷機は、偶然かも知れませんがMe262A1aでした。

2020/06/19 ヒコー少年回想録30-僕が所有した普通車の話

僕が所有した普通車の話です。

スポーツ・カーで九州や四国まで何処でも行ってましたが、80年代はスポーツ・カーでは打ち合わせに行けない所も有ったので、普通車が必然的に必要になりました。

最初に持ったのは中古で買った7万円のホンダN360バンでしたが、パネル途中から出ているシフトは独特でした。駐車場の問題で1週間で知り合いのイラストレーターに売ってしまいましたが、運転は面白かったです。イラストレーターはそのN360を気に入り相当直していました。

次に買ったのはホンダ・シテイRでしたが、ゴールデン・ウィークの時に香川の実家に帰る時に酷い事態になりました。高速が混んでいるのはニュースで見ていたので、夜中に出発しましたが用賀の入り口で混んでいました。その時は高速道路が異常に混んでいて、途中で休みながら行ったのに高速道路上は何所迄行っても渋滞していましたが、大阪を過ぎた所で渋滞が無くなりました。

その頃は瀬戸大橋が無くて本州から四国には船で渡っていましたが、香川県の実家に帰るまでに約25時間掛かりました。実家に帰るのは普通は8時間半~9時間半もあれば着いていましたが、後にも先にもそんなに時間が掛かった事はありませんでした。

その次に持ったのは、ホンダのシビックSiでした。この車は気に入っていましたが、シティと同様様に長距離を走ると体が痛くなり、相当疲れました。次はCR−Xを持ちましたが、この車はホイールベースが短くて僕には合わなくて直ぐに手放しました。

次はホンダのドマーニュでした。普通の4ドアの車でしたが、第三京浜高速の出口での日本車とドイツ車の事故で、車の見方が変わりました。日本車は側壁にぶつかり大破してドアが開いていて中の人はケガをしているようでしたが、ドイツ車はぶつかった所はへこんでいましたが、後は普通の状態でした。

事故の状況は分りませんが、結果が物語っていましたので、週末にBMWディラーに行きました。最初は3シリーズの320に試乗しましたが、余りにもドマーニュと似たような感じだったので、5シリーズの525に試乗しました。525はボディの各部がしっかり作られているのが分かりましたのと、ドアの閉める音は日本車に無い物でしたしスピードも充分出るのが分かったので予約しました。それからは、BMW525iセダン、530iツーリング、530iツーリング、550iツーリングに乗りましたが、僕が良かったと思うのは8気筒の550iツーリングでした。モデルの納品で北は仙台から南は鹿児島までに楽に早く行ける事でした。結局、最後に乗ったのはドイツ車になりました。

2020/06/19 ヒコー少年回想録29-ケータハム・セブンで雨に降られた話

ケーターハム・セブンに乗って雨に降られた話です。

1度目は最初のセブンの時で、ホルベイ・エンジンの126馬力シングル・カムでした。僕の初めてのセブン・ミーティングは富士レースウェイのパーキングに集合でしたが、その日は朝から雨で仕方なく簡易車庫で幌を張って出かけました。東名高速に用賀から乗りましたが厚木の辺りで雨は止み曇り空になりました。

指定されたパーキングに着くと、今迄に見た事が無い位の色々なカラーのセブンが集まっていました。

その後、セブン・オーナーが集まって各人の紹介と各人のセブンは何のエンジンを積んでいるのかを言いました。それから何人かが幌を張っていたので取るように言われたので皆オープンにした所で、何台かのセブンで箱根に走りに行きましたが、セブンで走る箱根のカーブも簡単に曲がれるので、セブンを買って良かったと思った瞬間でした。その後は雨が降って来ましたが、小雨だったので東名高速に乗りオープンのまま家まで帰りましたがセブンでオープンで走る良さが分かりました。

2度目に雨に降られたのは、夏に伊豆半島のペンションでセブンのオーナーズ・クラブの集まりがあり行った時でしたが、当日は晴れていて箱根の運転を楽しみながら通り、伊豆のペンションまで快適に行きました。僕のセブンは、最初のセブンは車重が580キロ位しかないセブンに126馬力は充分なパワーでした。

僕のセブンはレーシング・スクリーンを付けていて幌を張れない仕様にしていました。翌日は朝から小雨だったので、用意していた雨用の雨合羽を着て頭は高速道路用のアメリカ海軍のジェット・パイロット(ダブル・バイザー)ヘルメットを改造してウォークマンでロックを聴ける様にしたヘルメットを被って東京まで帰りましたが、大和トンネル辺りを過ぎた所で雨は止み天候が回復して曇り空になりました。セブンは雨に降られるとボディはアルミなのでそのままにして置くとアルミは曇りますし、開口部が多いので、そこからフレーム(シャーシは鉄のパイプ)に雨が入ると拭けない所もあり、長い時間でその箇所から腐って来ますし、ロア・アーム、ダンパー、スプリング、スタビライザー等が車体の外に出ているので拭いて置かないと錆が出て来ます。ボディのアルミも雨に降られた時は、翌日に晴れていれば2時間掛けてアルミのボディをピカールとスタンドで売っている特殊な布で磨きました。

3度目に雨に降られたのは、2台目のコスワースBDRエンジン(155馬力)の時でしたが、このセブンは軽量化とロータスセブンS2の外観を僕なりの考えで目指していたので、ケント州のケーターハム社に行って、サイクル・フェンダー用のボディを買って組み上げたセブンで、ボンネット・ルーバーは続けて空いた物を選んで、後ろのスペア・タイアは積めない様にしてステーを切り、幌用の骨も根元から取り、レーシング・スクリーンにバック・ミラーは1個だけ付けて軽量化を計りました。ヘッドライトはスポットを友達の作ったステーに取り付けて、ウィンカー類はすべてガラスにしました。

エンジン周りはキャブレターに網の付いたファンネルを取り付けて、ドライサンプタンクを付けて、ホースは全てメッシュに、ラジェターは3層にしたので夏でも温度は一定でした。足回りは、4本ともスパックスの車高調整ダンパーを付けて、ロア・アームに補強のアームを溶接しもらい、スプリング等の足回とネジ類は全てクロームメッキ仕様にしました。ホイールもフォートランに変えて、タイヤも扁平率を変えて少しでも軽くしました。

その日は東京は晴れていたので、僕だけデザイン・スタジオを休んで箱根の天城高原の知り合いの家に行く事にしました。東名高速は平日なので交通量も少なく、厚木から箱根に行く為に厚木自動車道路を走りました。箱根のふもとに着くと雨が降って来ましたが、空の一部が晴れていたので、その内に晴れると思い大観山パーキングに行っても雨は降っていて段々雨が本降りになって来ました。雨降る中を天城高原の知人の家まで行きましたが、雨は止みそうに無かったので2時間位居ましたが、知人の家でセブン用の雨合羽を着て出発しました。箱根は雨が降り続けていて東名高速に乗っても同じ状況でした。

大和トンネル前から渋滞が始まり、雨の中で車が止まっていて周りの車から奇異の目で見られているのが分かりました。家に帰っても雨は降っていましたので、簡易ガレージの下でトノカバーを外してからベンチシートは差し込んでいるだけなので外して部屋で乾かしました。ボディは特殊な布で拭いてからピカールで磨きました。

セブンで雨に降られると後の掃除は大変ですが、それに勝る運転の喜びと楽しさを与えてくれるので、セブン教の信者になって深みにハマって行くのです!!

2019/10/26 ヒコー少年回想録28-観音寺の実家の話

 中学生の時に香川県観音寺市八幡町の実家に住みましたが、小学生の時に住んでいた伊丹市や宇治市とはまるで環境が違っていて、実家の家も親から聞いた話によると100年くらい経っている家と言ってました。玄関の中には何時頃の製品か分からない電蓄が置いて有りましたが、戦前の物ではなかったかなと思われます。
 家には水道が有りましたが井戸もありました。いつも夏は井戸でスイカを吊るして冷やしてました。風呂は別の小屋で五右衛門風呂でしたので、雨の日は少し濡れてその風呂小屋に行く必要がありましたが、その風呂小屋の横には真っ暗な薪の置いてある所があり、夜に風呂小屋に行くのは怖かったです。
 家の中は昔の家らしく全体に暗い感じでしたが、それまでに住んでいた都会の家と違って、実家の家は不思議と思える部屋と所が何箇所かありました。僕の部屋は2階で6~7畳位で階段が無くて木の梯子で、梯子を上に上げてしまえば誰も昇って来れない部屋で気に入ってましたが、部屋の床は板張りで上に畳みに似たような敷物をひいてました。
 夏は暑くて冬は寒い部屋でしたが、やっと自分の部屋が持てた事で嬉しかったので、その部屋で旧いラジオでポップスやロックを聴きながら卓袱台の机でプラモデルを作っていました。その部屋には窓が3ヶ所あって、裏の小さい窓の側にビワの木があり、夏はビワの実(小さい実だった)をとって食べていました。
 部屋には窓の側に小さめな襖があり、そこを開けると真っ暗な屋根裏があり襖の側に大き目の箱が置いてありました。その箱の中は5月に使っていた張子の虎とか小物が色々入っていましたが、小さい襖は暗い屋根裏を見ないように、その襖は開けないようにしていましたが、大き目の箱の中から粗く削られてペンキを塗ったモデルが出て来ました。そのモデルは第二次大戦中の一般の人が知らない米軍のB−17爆撃機でしたが、後に母親に聞いたところ、戦時中に兵隊が来て作った物を置いていったそうです。
 ある雑誌によると、大戦中は観音寺市の海岸近くに練習機用(海軍の93式中間練習機)の飛行場が有り、モデルを置いていったのはそこで練習していたパイロットではないかと思います。 
 兄の部屋は隅に襖があり、そこを開けると地面の部屋が在りその部屋は小さく電灯も点かない所に置いた瓶のような物が不気味でしたが、そこになぜ瓶のような物が置いているのか今だに分りません。
 薪を置いている隣の古家は、真中の部屋に父親の母のジツおばあちゃんが住んでいて、隣に6畳の部屋がありその部屋に中2階があり階段の上に引き戸が在り忍者屋敷のような部屋に思えましたが、中学生の時は、一度もその中2階の部屋には不気味に思い入りませんでした。母屋は中学3年の時に建て直したので、今は在りませんが時々懐かしく想います。

2019/10/26 ヒコー少年回想録27-最後に乗った車の話

最後に乗った車の話しです。
 ALSになり車を運転出来なくなりましたが、僕の最後の車はBMW550iツーリングとポルシェ・ケイマンSでした。ケイマンSは納車されたばかりでしたが、九州の福岡市のお客様からミュージアム・モデルの大き目のモデルを買って頂いていたのと、大阪のお客様もミュージアム・モデルの少し小さ目のモデルを買って頂いていました。福岡市のお客様もポルシェの同じ車種をオーダーしていてケイマンは発売直後で、僕はポルシエのデイラーにオーダーしていましたが約6ヶ月待って納車されました。 
 福岡市内ではケイマンが走っているのを見た事無いので、福岡のお客様からケイマンSを見せて欲しいと頼まれました。ケイマンSの慣らしも兼ねて2モデルを積んで大阪と福岡に行く事にしましたが、1機のモデルが大きいので助手席に置いて、もう1機のモデルは前のトランクに入れましたので、自分用のカバンは後部のトランクに入れました。ポルシェの凄い所は、RRとMRであれ荷物を2人分を積めて、高速で移動出来るスポーツ・カーとGT・カーにあると思います。
 以前ホンダのS2000を持っていたのですが、後ろのトランクにはミュージアム・モデルの箱は全然入らなくて助手席に置くしかありませんでした。ポルシェ・ケイマンSはMRなので後ろにも前にも実用的なトランクがあるので、ポルシェのパッケージングの良さが分りました。
 行きはデイラーから言われたように、エンジンの慣らしが終ってないので4000回転以下を守りながら大阪と福岡に行く事にしました。大阪には何事も無く豊中に着いて、お客様に納品を終えてから小学4、5年生の時に住んでいた伊丹阪急駅の近くのホテルに泊まりました。翌日は山陽自動車道を通り順調に進んで行きましたが、九州に渡ってから小倉の付近の高速道路上で突然渋滞してしまい(事故なのか分らないまま高速道路上で全部の車が10~15分位止まっていました)、予定していた福岡天神のホテルに6時まで着く事は出来なくて、結局ホテルに着いたのは7時過ぎになりチェック・インして部屋に入り、直ぐにモデルを持ってタクシーに乗りお客様のマンションに向かいました。お客様はモデルを待っていてケースにモデルを入れてから、お客様が予約していたレストランにタクシーで行き、休む暇も無くモデルをお客様に納品したので相当疲れていました。お客様はビールを飲んでから食事をしたので、僕もビールを飲んでから歓談しながら食事をしました。レストランを出たのは11時頃で、タクシーで泊まっているホテルに向かいましたが、途中で飲めないビールをつい飲んでしまったので気分が悪くなって来ましたが、お客様にケイマンSを見せるまでは気分が悪いのを無理やり抑えていました。
 お客様に地下のパーキングに止めていたケイマンSを見せて運転席にも座ってもらい色々説明しました。お客様をホテルの入り口でタクシーで見送ってから部屋に行こうとして、エレベーターの前に来た時に事件が起こりました。それまでは気分が悪いのを抑えていましたが、お客様が帰った安堵感からか、今さっき食事と飲んだ物を全て噴水のようにエレベーター・ドアと床に掛けてしまいました。
 深夜だったので客は誰もいなかったので助かりましたし、ホテルの従業員が直ぐに僕の側に来て、後の掃除は我々でやりますのでお客様は部屋でお休み下さいと言われましたので、従業員に何度も謝り部屋に行き疲れていたので直ぐに寝ましたが、翌朝は起きた時に、一番にフロントに行きましたがエレベーターの扉と床は何事も無く綺麗になっていました。フロントのマネジャーらしき人に昨夜の出来事を話して幾らか弁償しますと言ったら、何事もなかった様に対応してくれましたが、福岡に来た時は何年も前からそのホテルに泊まっていると言いたかったのですが、今後の事もあるので言わないでおきました。
 その日は東京に帰る日だったので、ケイマンSは約1500キロくらい走っていたので、福岡市内のポルシェ・ディラーでエンジン・オイル、エレメントを変えてもらい、そこから福岡高速に乗り山陽自動車道経由、名神高速で京都まで行き一泊して、東名高速で東京に帰って来ましたが、往復の距離は約2700キロを走っていましたのでケイマンSは一度の納品で慣らしが終りました。 
 その約4ヶ月後に、BMW550iツーリングで鹿児島のお客様に納品がありましたが、大阪に納品があったので家を早く出て大阪のお客様には3時頃に納品して、山陽自動車道で広島空港の側まで走って行き夜遅くにホテルに着きましたが、BMW550iツーリングで無かったら、一日で広島までは行け無かったと思いますが、
 昔、BMW530iツーリングでスタッフを一人乗せて、一日で福岡市まで行った事があり広島はそんなに疲れませんでした。
 翌日は鹿児島県の川内(センダイ)まで走って行きましたが、その日は鹿児島市内に泊まりました。翌朝は激しい雨の中をお客様の川内に午前中の10時に着く様に向かいました。モデルを納品して直ぐに福岡方面の高速に乗り下関埠頭から晴海埠頭(2日後に着く)に行くフェリーを見つけたので、車の乗船手続きをしてパーキングにBMW550iツーリングを置いてから、タクシーで下関駅に行きました。僕は新幹線で東京に帰って来ましたが、久し振りに乗った新幹線はヤッパリ楽チンでした!!

 

次へ>>

<< 2020年7月 >>

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
 
矢野雅幸(やの まさゆき)
大学卒業後、CBSソニーレコード(当時)に入社。27歳で独立、フリーのデザイナーとして「ビタミンスタジオ」を設立。数多くのアーティストのレコード、CDジャケットのデザインを手懸けている。その後東京 南青山の骨董通りにデスクトップ/ミュージアムモデル専門店「ウイング クラブ」をオープン。この種のモデルの国内における認知を高めると共に、独自のジャンルとして定着させた。